徳島県文化の森総合公園
◆広告掲載のご案内

平成30年度から、当広報誌(文化の森通信「文化の森から」)に広告が掲載できるようになりました。掲載料及び手続等詳細については、21世紀館にお問い合わせください。
休館日カレンダー
2022年12月
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
[赤]は全館休館日
[青]は図書・文書館休館日
[緑]は図書館休館日
[茶]は文書館休館日
リンクバナー
あわっ子歴史・文化オンラインめぐり
あわカル
徳島県立総合教育センター
まなびーあ徳島 県立総合大学校
徳島県建設技術センター
徳島県観光情報サイト 阿波ナビ 関西2府8県4政令市の芸術文化情報サイト 関西文化の日.COM

正当なCSSです!

連絡先
〒770-8070
徳島市八万町向寺山
文化の森総合公園
(徳島県立二十一世紀館) TEL:088-668-1111(代表)
おかけ間違いにご注意ください。
位置図 / 平面図
文化の森イベントのお知らせ


           文化の森人権啓発展 ~識字活動を中心として~
 
  文化の森の6つの文化施設(徳島県立図書館・博物館・近代美術館・文書館・二十一世紀館・鳥居龍蔵記念博物館)と
県教育委員会人権教育課の共催により開催します。 ◇入場無料◇
 
【と き】12月7日(水)~12月13日(火) ※12月12日(月)休館  
【ところ】文化の森総合公園  
     ◇展示 近代美術館ギャラリー (午前9時30分~午後5時)  
     ◇ビデオ上映 二十一世紀館ミニシアター (午前10時30分~/午後2時~ 2回上映)  

 
                            人権啓発展(チラシ)はこちら


                                                   


☆おトクなセット券はじめました☆


徳島県立博物館、徳島県立鳥居龍蔵記念博物館、徳島県立近代美術館の3館の常設展をお得に観覧できる「セット券」を
各館券売機で販売中です。


            通常料金      (各館ごとの入館料)     セット券
一般         800円(=博400円+鳥200円+美200円)→640円
大学生・高校生  400円(=博200円+鳥100円+美100円)→320円
中学生・小学生  200円(=博100円+鳥 50円+美 50円)→160円


土・日、祝日・振替休日、学校の春・夏・冬休み期間中、小学生・中学生・高校生は無料です。


         

                                                      


【ホームページアドレス変更のお知らせ】

徳島県文化の森総合公園のホームページアドレスが変わりました。

ブックマーク・お気に入り等で,ご登録の方はお手数ですが変更をお願いします。

 【旧アドレス】 https://comet.tokushima-ec.ed.jp/

 【新アドレス】 https://comet.bunmori.tokushima.jp/

今後とも当サイトをよろしくお願い致します。 




Twitter:徳島県文化の森総合公園 @tokushimabunka (各館イベント・新着情報)
☆フォローお願いします☆

★文化の森通信「文化の森から」 2021年6-7月号 2021年8-9月号 2021年10-11月号
2021年12月-2022年1月号 2022年2-3月号 2022年4-5月号 2022年6-7月号
2022年8-9月号
2022年10-11月号
2022年12月-2023年1月号



【お知らせ】


徳島県では,「“新しい生活様式”を取り入れた“感染症に強い徳島”づくり」のための 「とくしまスマートライフ宣言!」を実践しています。
皆様方におかれましても,当館のご利用にあたっては,手指の消毒,マスクの着用 など,感染防止対策にご協力ください。
また,貸会議室等の利用につきましては,ご予約時に,主催者様の「感染防止対策」 の取組等を確認させていただきますので,ご理解・ご協力くださいますようよろしく お願いいたします。

今後,新型コロナウイルス感染症の防止対策の状況により,一部の利用制限や急きょ 取り扱いを変更する場合があります。
ご利用の際には事前にご確認ください。

「とくしまスマートライフ宣言!」はこちら




<ご案内>


新型コロナウイルス感染症陽性の方が、文化の森総合公園文化施設(県立図書館・博物館・近代美術館・文書館・二十一世紀館・鳥居龍蔵記念博物館)を利用されたことが判明した場合、利用場所の消毒等、感染拡大防止に必要な対策を実施するため、臨時休館させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。



◇文化の森各館が所蔵する貴重な資料をデジタル化し、公開しています。
高精細画像により、絵図・地図の細かな文字や絵画の精密描写など、資料をよりリアルに感じていただけるほか、古文書の翻刻を重ねて表示するなど、表示方法にも工夫を凝らした内容となっています。

 

「徳島県文化の森LED・デジタルアート」展示作品





                                                   
文化の森総合公園からのお知らせ



-->

【節水のお願い】

   手洗い等の際には、節水にご協力ください。

  ◇徳島県の渇水情報については、徳島県ホームページに掲載しています。

         
          ◇キャンパスメンバーズ制度は、県内の大学等に在籍する学生の皆さんの文化・芸術活動を応援する制度です。

多言語展示解説システムについて

文化の森各館ホームページがSSL(暗号化通信)に対応しました。
 これにより,URLが次のとおり変更となっていますので,今後は新しいURLでのアクセスをお願いいたします。
 また,お気に入りに登録されている方は,変更をお願いします。
 閲覧方法や使い方等は,従来どおりです。
 引き続き旧URLでも閲覧可能ですが,SSL対応のホームページに自動的に切り替わります。

      新しいURL https://comet.bunmoi.tokushima.jp/


【貸し館のご案内】
図書館では集会室を、博物館では講座室を、近代美術館ではギャラリー・講座室を、二十一世紀館ではイベントホール・多目的活動室・ミニシアター・すだちくん森のシアター・スタジオ・ミーティングルームを、県民の皆様の文化活動の場として提供しています。

【広告掲載のご案内】
平成30年度から、徳島県文化の森総合公園ホームページ(画面左側)に、バナー広告を掲載いただけるようになりました。
掲載料及び手続き等詳細につきましては、二十一世紀館(電話088-668-1111)にお問い合わせください。

【交通のご案内】
◆JR徳島駅から、バスをご利用ください。

バス停「徳島駅前」
①3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車し20分、終点「文化の森」で下車。
②3番のりば「※市原【国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由】」行きに乗車し24分、「文化の森」で下車。
③2番のりば「法花【文化の森経由】」行きに乗車し16分、「文化の森」で下車。
④3番のりば「しらさぎ台」行き、「一宮」行き、または「天の原西(入田)」行きに乗車し18分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
⑤13番のりば「佐那河内線 神山高校前」行きに乗車し18分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
◆JR文化の森駅から、バスをご利用ください。
バス停「文化の森駅東」から「※市原【国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由】」行きに乗車し7分、「文化の森」で下車。

※市原線は平成28年4月1日から一部の便が国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由に変更され、「文化の森駅東」(新設)及び「文化の森」に停車しています。
 「とくしまバスNavi

◆平成27年2月28日に徳島南環状道路が開通しました。国道55号バイパス方面からは、より便利に文化の森にお越しいただけます。徳島南環状道路(西行き)を文化の森IC(出口)で下り、最初の交差点を左折すれば、文化の森の駐車場に入ることができます。
上八万・一宮方面からは、徳島南環状道路経由で「文化の森」にお越しになれません。

◆大型バス又はマイクロバスでご来園を予定のお客さまにつきましては、事前にご連絡くださいますよう、お願いいたします。
連絡先:文化の森総合公園 電話088-668-1111(代表)


【荒天時の文化の森総合公園各施設への来館について】
車いすやベビーカーを利用されている方等で,荒天時に文化の森総合公園の各施設ご利用の際、車からの乗降時には、屋内にある施設管理用スペースをご利用いただくことが可能です。
ご利用を希望される方は、近くの係員にお知らせください。
(イベント開催状況により、ご希望に添えない場合もございます)
また、パーキングパーミット用駐車場は建物の近くに11台分用意しております。

【夜間の駐車場利用制限について】
午後10時~午前5時の間バス停留所から奥への「車の乗り入れを禁止」しております。

        

開館時間・休館日のご案内

【開館時間】 午前9時30分から午後5時までです。図書館は、平日午前9時30分から午後7時までです。
【休館日】 毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日にあたる場合はその翌日) 図書館・文書館は、毎月第3木曜日も休館
       年末年始(12/29〜1/4)

催しもの案内

文化の森パソコン講座 [プレゼン入門(パワーポイント)]
開催日2022年12月8日(木)
時間9:40~15:30
申し込み方法11月17日(木)までに往復はがきでの申込
開催場所徳島県立二十一世紀館   3階情報文化実習室
参加対象(参加料)どなたでも(無料)
定員20人
内容他1日完結の入門講座です。Windowsの基本操作,文字入力,スライドの編集,デザイン変更,画像貼り付け,画面切り替えなどを学習して,簡単なスライドショーを作成します。パワーポイント2016を使用します。
詳細はこちら
土曜映画会「コーラス」
開催日2022年12月10日(土)
時間14:00~15:40(上映時間97分)
申し込み方法不要
開催場所徳島県立二十一世紀館   イベントホール
参加対象(参加料)どなたでも(無料)
定員56人
内容他●監督:フレッド・M・ウィルコックス ●製作:2004年 フランス×スイス合作 ●出演:ジェラール・ジュニョジャン=バティスト・モニエジャック・ペラン
詳細はこちら
令和4年度 古文書講座(中級) 第5回 
開催日2022年12月10日(土)
時間14:00~16:00
申し込み方法■往復ハガキもしくは専用メール(mon_koza@bunmori.tokushima.jp)にてお申し込みください
※第1回~第7回まで一括申込
開催場所徳島県立文書館   文書館 2階 講座室
参加対象(参加料)受講者(無料)
定員40人
内容他すでに古文書講座(初級)を修了されている方や、古文書読解の経験がある方を対象に、歴史資料としての古文書の面白さを体験していただきます。より深く、より広く、徳島の古文書に触れてみませんか。
あの手この手で交流トーク
開催日2022年12月10日(土)
時間14:00~16:30
申し込み方法電話、FAX、メールで申込。先着順。
開催場所徳島県立近代美術館   展示室3(2階)
参加対象(参加料)どなたでも(観覧券が必要)
定員15人
内容他聞こえない人、見えない人がナビゲーターをつとめます。筆談で思いをつないだり、見えない人との対話から見方を深めたり、いつもと違った交流の形を通してアートを楽しみませんか。美術館とサポーターとの協働企画です。
徳島の考古学スタートアップ講座 徳島の考古学スタートアップ講座④講義・実習②
開催日2022年12月11日(日)
時間10:00~12:00
申し込み方法セット行事
開催場所徳島県立博物館   博物館講座室
参加対象(参加料)高校生から一般(無料)
定員10人
内容他考古学の研究方法や遺跡・遺物について、やさしく学ぶことのできる連続講座です(①~⑥のセット)。
みどりを楽しもう・味わおう リースをつくろう
開催日2022年12月11日(日)
時間13:00~16:00
申し込み方法往復はがき・電子メール(10日前まで)
開催場所徳島県立博物館   博物館実習室・野外
参加対象(参加料)小学校生から一般(小学生は保護者同伴)(無料)
定員24人
内容他博物館のまわりの森で材料を集め、リースを作ります。
レンケイテンジ ゾウキ イショク ケイハツ シリョウテン カイサイチュウ ノ オシラセ
開催日2022年11月29日(火)~2022年12月25日(日)
時間未定
申し込み方法
開催場所徳島県立図書館   県立図書館2階 検索コーナー付近
参加対象(参加料)どなたでも(無料)
内容他徳島県保健福祉部医療政策課との連携により、臓器移植に関する書籍や啓発資材を展示しています。臓器移植に関する書籍に対する高校生のコメントも併せて展示しています。展示資料の大部分は貸出もできますので、多くの方に臓器移植について知っていただければ幸いです。
文書館の逸品展「半士半農 郷鉄砲の役割と生活」
開催日2022年10月25日(火)~2023年1月29日(日)
時間9:30~17:00
申し込み方法
開催場所徳島県立文書館   文書館 2階 展示室・講座室
参加対象(参加料)どなたでも(無料)
内容他 身分制度が厳しかった江戸時代徳島の農村には、初期から半士半農といえる郷鉄砲という役が置かれていました。一宮家文書を中心に郷鉄砲の役割とその生活を紹介します。
【所蔵作品展】徳島のコレクション2022年度第3期
開催日2022年11月12日(土)~2023年4月9日(日)
時間9:30~17:00
申し込み方法
開催場所徳島県立近代美術館   展示室1・2、屋外展示場、美術館ロビー(2階)
参加対象(参加料)どなたでも(一般200円、高・大生100円、小・中生50円)
内容他3つの収集方針(「20世紀の人間像」「現代版画」「徳島ゆかり」)に沿って、本館の多彩なコレクションを展示します。「徳島ゆかり」のコーナーでは、画家たちが手がけた本や雑誌の表紙絵、挿絵等の仕事を御紹介します。現代版画コーナー(池田満寿夫、小作青史、清塚紀子、島州一)は、順次展示替をして御紹介します。
詳細はこちら